【職務概要】
電気駆動(Mild-Hybrid、BEV、PHEV)システムの設計・開発構想、具現化するための
制御技術の設計・開発およびモデルベース(シュミレーション技術)を活用した
システム・制御の機能開発検証を担当いただきます。
実際に実機などを用いてカラクリ解明を進めながら、車両全体での最適なエネルギー配分方法を机上検討し、システム提案や制御仕様を構築することがミッションです。
【職務詳細】
電気駆動システムの下記領域のいずれかの業務を担当いただきます。
・サーマルマネジメントシステム
・電源・エレキマネジメントシステム
・トルクマネジメントシステム
【部門ミッション】
将来のパワーソースの一翼を担う電気駆動システムのさらなる高機能化実現の為、
カギとなるサーマル、電源・エレキ、トルクの各マネジメントシステムについて、
コモンアーキテクチャ構想による一括開発とモデルベース開発により
創造的かつ効率的にその開発を実践します。
【ポジション特長】
・マツダは2030年に生産するすべての車両に電動化技術を搭載する予定であり、2020年には自社独自開発の電気自動車をローンチする予定です。その他、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、新開発のロータリーエンジン技術を生かしたロータリーレンジエクステンダーなどマルチソリューションを展開していく予定です。
・マツダのクルマ作りにおける一貫した信念、それは常識や限界にとらわれることなく、徹底的にやり抜くこと。挑戦の積み重ねはマツダのDNAとなっています。誰もが諦めていた「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立させた「SKYACTIV TECHNOLOGY」、商品競争力を高めるフレキシビリティとボリューム効率を高めるコモナリティを両立する「モノ造り革新」など、マツダのクルマは多くの人の常識を超えた挑戦の結果生み出されたものです。
クルマは単なる移動手段ではなく、人生においてかけがえのない存在であってほしい。そんなこだわりやモノ造りに共感をいただける方の応募をお待ちしております。

勤務地 広島県
必須要件 ・電気駆動システムに関する技術開発/量産開発経験をお持ちの方 ・電気工学系(制御工学、パワーエレクトロニクスなど)の高専・大学卒以上または同等の基礎知識をお持ちの方
想定年収 400 万円〜800 万円
雇用形態 正社員
想定する性別 性別不問
想定年齢 20歳〜42歳まで
求人ID ca50926
企業名 非公開